クラミジア症への対策などの情報をまとめていくサイトになります。

クラミジア症対策講座

基礎情報

クラミジア感染症の男性の症状を確認

更新日:

クラミジア感染症にかかった場合の男性の症状はどのような症状なのでしょうか。自覚症状がない人も多いのですが、自覚症状がなければ治療も遅れてしまいアジスロマイシンの処方も遅れて感染者を増やしているのです。

左の掌に雑に錠剤を落としていく女性

クラミジアの症状は様々

クラミジアの症状は様々です。クラミジア感染症に感染したとしても人によって症状の表れ方は違っているのです。男性と女性でも違いがありますが、男性の場合の症状はどのようなものがあるのでしょうか。

一般的に男性の場合は半数の人が自覚症状がないと言われています。自覚症状がないままですから、感染者はどんどん増やすことになるのです。

男性に多い症状

男性に多い症状は尿道の炎症や副睾丸の炎症などがあります。尿道に炎症が見られた場合には男性のクラミジア感染症が圧倒的に多いです。

一般的な原因菌は感染してから1週間から3週間程度すればあらわれてくると言われています。しかし自覚症状が現れないことが多いでしょう。

尿道炎は強い症状としてはあまりなく、穏やかに症状があらわれてくることが多く痛みが出ることもほとんどないために、ちょっと痒みがある、ちょっと尿をしたときに不快感がある程度でとどまってしまうと言われています。

尿道炎の症状が出ている人は他にも炎症が起きることがあります。

副睾丸炎になることも

尿道炎の症状がある人というのは副睾丸にも炎症を起こすことがあります。この部分二円賞が起きると睾丸にも痛みが出てくることがあります。

例えば睾丸の痛み以外にも、腫れてきたり場合によっては、その部分に膿がたまってしまうこともあります。重症の場合には太ももの付け根が腫れてきて歩けなくなることもあるのです。

男性のクラミジアの原因は様々ですが尿道炎が多いでしょう。クラジミアに対して、アジスロマイシンは効果があるのかどうかは、『アイドラッグマート』でご確認ください。

\ シェアしてください /

-基礎情報

Copyright© クラミジア症対策講座 , 2017 All Rights Reserved.