クラミジア症への対策などの情報をまとめていくサイトになります。

クラミジア症対策講座

基礎情報

クラミジアに感染してしまう原因をおさらい

更新日:

クラミジアは性感染症として知られており、10代、20代に好発しています。自覚症状がないために、感染がどんどん広まる事があり、今では日本でクラミジアに感染している人は100万人を超えていると言われているほどです。

細菌を顕微鏡で見たイメージ

クラミジアの原因は?

クラミジアにかかる原因、それは性行為が原因でかかります。感染してから現れる症状は人によっても違いがあるのですが自覚症状がない人もいます。

クラミジアにかかる人の大半は性行為で掛かります。原因になっているセックスですが、クラミジアに感染している男女の間で病原菌がうつってさまざまな症状があらわれています。

性行為といっても色々と種類があると言われているのですが、性器のみならずオーラルセックスとも言われる口を使った性行為などでもかかると言われています。

自覚症状があまりない人もいるために、自覚症状が出れば、すぐに病院へ行って治療薬であるアジスロマイシンを投与すれば治療する事ができるのですが、かかっていると気がつかずに性行為を続ける事によってどんどん感染が広がっているというのが現状です。

原因菌に感染すれば

もし原因菌に感染したらどうなるのでしょうか。男性の場合には尿道に炎症が起きる事が多いですので、場合によってはかゆみや尿が混濁する事もあります。

尿道だけでなく睾丸にも炎症が起こる事もあります。女性の場合は子宮や性器の周辺に影響がでて下腹部の痛みなどが現れる事もありますし、重症の場合には不妊症になってしまうこともありますので十分な注意が必要と言われています。

オーラルセックスの場合は

性器だけでなくオーラルセックスでもうつるといわれているのですが、オーラルセックスで感染してしまった場合には目にクラミジア感染症がおこることもあります。

症状は人それぞれいろいろなのです。クラミジア感染症の特徴とも言える事がひとつあります。それは自覚症状があまりないということです。

クラミジアに感染しているのに自覚している事は実に半分の人で半分の人はほとんどの人が自覚症状がないままに過ごしているのです。

男性の場合は半分の人が自覚症状がありますが女性は更に酷くて、8割の人が自覚症状がないままに過ごしていると言えるでしょう。

自覚症状がないので

自覚症状があれば対処したり、感染しないように気をつける、治療を受けるなどすると思うのですが、自覚症状がないために、知らないあいだに別の人にうつしている可能性があります。

気がつかないうちに感染している、知らないあいだに相手にうつしていることも十分考えられるのです。

クラミジア感染症の原因菌

クラミジア感染症の原因菌ですがそれは微生物です。普段から身近にいる微生物なので、珍しい微生物ではありません。しかし動物の細胞に入ってしまうとどんどん増殖する特徴を持っているのでそれが炎症を起こしたり不妊症になったりといった様々な原因を引き起こすことにつながるのでしょう。

少しでもかゆみや痛み、下腹部の違和感などを感じたら、その時点ですぐにでも治療を開始すれば薬を飲んですぐに改善させる事ができます。

しかし途中で薬を自己中止してしまったりすれば、更に悪化する可能性もありますので処方された薬はきちんと飲みきらなくてはいけません。

クラミジア感染症は珍しい病気ではありませんし、病気にかかっている人は潜在的な人も含めると100万人以上いると言われています。

自覚症状に乏しい事が潜在的な人を増やす事にもつながっています。

\ シェアしてください /

-基礎情報

Copyright© クラミジア症対策講座 , 2017 All Rights Reserved.