クラミジア症への対策などの情報をまとめていくサイトになります。

クラミジア症対策講座

基礎情報

クラミジア感染症の女性の症状を治療をすることができるのでしょうか

更新日:

クラミジア感染症は男性だけでなく女性もかかると言われています。男性が発症して知らないあいだに女性に感染させていることは多いでしょう。

自覚症状が出ない人も多いので感染が広がっていくことも多いですが女性の症状を見ていきましょう。

赤白のカラーリングのカプセル

クラミジアの女性の症状

クラミジアにかかると女性はどのような症状が起きるのでしょうか。早めに治療を受ければアジスロマイシンを服用することで治療をすることができるのですが、自覚症状がない場合には治療も遅れてしまいます。

子宮の周辺の子宮頚管と言われる部分があるのですが、この部分に炎症が起きると言われているのです。炎症は原因の菌に感染してからだいたい1週間から3週間程度で現れることが圧倒的です。

子宮の周辺の炎症というのはお腹の周辺にまで広がって行くこともあるので、場合によっては下腹部痛が悪化してしまうこともあります。

肝臓の周辺にまで炎症が起きてしまうと入院治療が必要になることもあります。

女性の場合は不妊症になることも

不妊症になってしまうということは聞いたことがある人も多いかもしれません。炎症の後遺症として子宮頚管に負担を受けると、排卵、受精卵などの移動が円滑に行かなくなります。

それが原因で子宮外妊娠につながることもありますし、流産や不妊になることも多いのです。

出産後の赤ちゃんにも影響

あまり知られていませんがクラミジアに感染した人がそのまま妊娠、出産をした場合には赤ちゃんにも少なからず影響が出ます。

後遺症が残ってしまうこともあるのです。また月経ではない時期に不正出血を起こすこともありますし、性行為の時に痛みが現れることもありますので注意が必要です。

クラミジアはほうっておくと女性の場合は不妊まで引き起こすこともありますので注意が必要です。

\ シェアしてください /

-基礎情報

Copyright© クラミジア症対策講座 , 2017 All Rights Reserved.